海外のサプリって大きいの?

海外のサプリって大きいの?[海外サプリメント通販ランキング]

海外のサプリって大きいの?

「海外サプリメントは大きすぎる!」という声は昔から聞かれています。

 

これは成分含有量の違いなので、いろいろな成分がたくさん入っていれば必然的に大きくなるのは致し方無いことではあります。海外サプリメントのサイズや形状について調べてみましょう。

 

比較的小さなサプリメントは、丸い円形のサプリメントでしょう。

 

日本のサプリメントの大きさはだいたい直径1cm以下になっていますが、海外でもこのタイプは1cmから1.2cmくらいのものが多いようです。

 

ただ、トローチのように舐めて溶かすタイプのものはキャンディくらいの大きさの場合もあります。

 

楕円

楕円のタイプは長さがかなり大きく、1.9mmから2.4mmくらいのものまであります。
中には厚さ5mmに達するものまでありますので、一気に飲み込むには苦労するサイズでしょう。

 

ただ、このタイプは錠剤を半分に割る専用のカッターを使うことが出来るので、1粒を割って2回に分けて飲めば良いでしょう。サプリメントカッター、タブレットカッターなどと言いますが、500円から1,000円くらいで日本でも買えます。

 

カプセル

風邪薬のようなカプセルに入っているタイプです。サプリメント自体が粉や液体の場合、飲みやすくするためにカプセルが使われたり、苦味や臭みが強い時に鼻につかないように使われたりします。

 

小さいものなら長さ1.8mmくらいですが、大きいものは2.6mmくらいの大きさになります。アメリカのサプリメントは、平均的に2.4mmくらいの大きさになるので、日本のものよりも飲みにくいでしょう。

 

ジェル

サプリメントがオイルだったり液体だったりする場合、ソフトカプセルに入れることですぐに身体に吸収されるように作られたのがジェルタイプのサプリメントです。中味が液体でかさむので、充分な成分量を得るためにかなり大きなサイズになっている場合が多いです。

 

大きなものは2.8mmにも達する場合がありますので、なかなか飲み込めませんし、のどに引っ掛かかるとそこでジェルが溶け出してしまうので、失敗するとつっかえて不快感があるでしょう。

 

こればかりはカッターは使えないので、なんとか飲み込むしかありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ