日本のサプリメントと海外サプリメントの違い

日本のサプリメントと海外サプリメントの違い[海外サプリメント通販ランキング]

日本のサプリメントと海外サプリメントの違い

輸入サプリメントには、大手企業が
正規に輸入して販売している商品と個人輸入の二つがあります。

正規輸入品に関しては、成分が日本の規格と照会して
日本で販売しても良いと許可をうけた商品です。
よって、もし問題が生じた場合は、輸入販売業者が責任を取ることになります。

一方、個人輸入の場合、自己責任で輸入するために自らがリスクを負うことになります。
添加物においても、アメリカでは認可されている物質が
日本では認められていない場合もあります。

個人輸入は自己責任になりますから、
購入する前にしっかりとそのサプリメントについてネットを使って調べるのが良いでしょう。
また、信頼できるサプリメント会社の商品を選ぶように心がけましょう。

アメリカのサプリメントが日本のサプリメントと
違うなぁと感じるところは、粒の大きさにもあります。

とてもじゃないけれど、飲み込めないと感じる大きさのサプリメントもあるでしょう。
お年寄りが無理をして飲んだら危険だなと思うサイズのサプリメントの粒もあります。
そんな場合は、まとめて包丁でカットしておくなど工夫しても良いと思います。

さらに、タブレットカッターというものも売られていますので利用しても良いでしょう。
そう考えると、日本のサプリメントは価格も高めの物も多いですが、
日本人の体に合わせて作られているという意味でも安心かもしれませんね。

サプリメントの成分ですが、例に挙げると
マルチビタミンのビタミン配合量は、日本と比べるととても多いです。

日本では、健康維持のためという考え方ですが、
アメリカでは健康維持とさらに毎日の活力にと考えているのでしょう。

日本のサプリメントと海外サプリメントにはどちらもメリットがありますので、
自分の希望により近い商品を選ぶと良いでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ