海外サプリメントの危険性

海外サプリメントの危険性[海外サプリメント通販ランキング]

海外サプリメントの危険性

よく聞くのが、「海外サプリメントって危険なんじゃない?」という意見。
これはなんとも言えない話ですね。

 

どうしてそういう話が出るのか、何が根本にあるのかについて、ちょっと考えてみましょう。

 

ピンキリだから

海外サプリメントとひとくくりにしてしまうと、膨大な数のサプリメントをかなり乱暴にまとめることになります。海外サプリメントにもたくさんのブランドがありますし、たくさんの種類がありますし、いろいろな国がいろいろな原材料で作っていますので、それで言うならピンキリだとしか言いようがありません。

 

良いものはとても優秀で非常に良いものですし、悪いものは健康を害するほど悪いものもあります。
まずはそこを一緒に考えないほうが良いでしょう。

 

日本のサプリメントの安全性

日本のサプリメントは、とにかく安全であることが第一、という風潮があります。

 

でも身体に害がなかったとしても、効果もなかったら何のためにお金を払ってわざわざ飲むの?という話になりますよね。実はそういう製品も少なくありません。

 

しかもいかに日本製と言えど、危険性を指摘されて販売中止になるサプリメントは存在します。重要なのは「どこ製か?」ということよりも、「その製品が良いのか悪いのか?」で判断することでしょう。

 

効果とリスクはセット

海外サプリメントで危険性が高いという声が挙がるのは、含まれる成分量が非常に多いからです。
有効な成分でも、いつどれくらいの量を一度に摂るかによって、結果が大きく異るのはサプリメントに限ったことではありません。

 

含まれる成分濃度の違いでどれだけ変化があるかは、アルコールで考えればわかりやすいでしょう。
アルコールという成分そのものが同じものでも、濃度が0.1%のものなら飲んでも身体に影響はありませんし、濃度が10%にもなるとかなり酔うことになります。

 

海外サプリメントは濃度が高い、これは間違いありません。
だからこそ、飲む時には自分でしっかり理解して、必要な量を見極める必要があるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ