海外サプリメントの個人輸入

海外サプリメントの個人輸入[海外サプリメント通販ランキング]

海外サプリメントの個人輸入

海外サプリメントは、まだ日本では、話題になっていないような
最先端のダイエットサプリなどを探すのにも有効です。

個人輸入も英語が分かる方は容易ですし、
あまり英語ができない方でも一度やり方のコツが分かってしまえば簡単です。
また、一定の手数料が発生しますが、輸入代行業者を使うという方法もあります。
『iHerb.com』などの海外のサプリメントサイトを利用して個人輸入をすることが可能です。

サイト自体もブラウザの翻訳機能を使えば、
日本語表記でサプリメントを探すことができますので容易です。

サプリメントは、栄養食品や栄養補助食品として解釈されますが、
日本ではサプリメントの法律が無いため個人輸入の場合、薬事法で判断されます。
しかし、薬事法で決められている輸入の規制もそれほど厳しいものではありません。

「輸入したサプリメントを転売、譲渡目的で使用しないこと」、
「商品代金の60%が1万円を超える場合、関税と消費税を支払います」、
「1度に購入するのは2ヶ月分までを限度とする」


この3点だけに気をつければよいでしょう。
サプリメントを販売する業者に対しても規制があり、

個人輸入しなくては購入できない無承認医薬品扱いのサプリメントを
不特定多数の人を対象に紹介・宣伝することができない
となっています。

つまり、日本国内を拠点とした輸入サプリメント業者は違法な業者な可能性が高いです。
海外サプリメントの通販サイトをよく見ると、アメリカやカナダ等の先進国が拠点になっていて
「個人輸入扱いになります」などの但し書きがあります。
これが安全な海外サプリメント業者だと言えます。

ホーム RSS購読 サイトマップ