海外サプリメントを通販で買う場合

海外サプリメントを通販で買う場合[海外サプリメント通販ランキング]

海外サプリメントを通販で買う場合

海外サプリメントを手に入れたい、という時の手法についてまとめてみましょう。
基本的にはインターネットにつながる環境が必要です。

 

個人輸入とは

海外サプリメントを買う方法で多いのは、個人輸入という手段です。
海外で売られている製品を、自分で使うために海外の店から直接購入するのが個人輸入。

 

仕組みとしては別に難しいことではなくて、サプリメントに限らずお菓子でもオモチャでも、海外で売っているものを日本で買って取り寄せれば、それは個人輸入になります。

 

言ってみれば、海を超えた「お取り寄せ」ですね。

 

個人輸入の注文方法

インターネットで海外のサプリメント販売サイトへ行って、普通にネットショッピングするようにカートに入れるなどして注文を確定すれば、基本的には終了です。

 

決済はクレジットカード決済が基本で、代引きなどがあってもかなり割高になるのであまりおすすめ出来ません。また、当然ながらその国の言語で作られたサイトですから、語学はある程度必要です。

 

自分の氏名や住所の入力も必要ですし、商品の説明も調べる必要があります。

 

個人輸入代行とは

個人輸入は国と国とをまたぐ取引になるので、細かいルールや規制があり、手続きが意外にやっかいだったりします。決まった金額を超えるといきなり高い関税がかかってしまったりもしますので、知らずに損をしてしまうことも。

 

その手間を、詳しい専門家が代わりにやってくれるというのが個人輸入代行です。

 

海外サプリメントを並べたインターネットサイトで、「これらの商品を輸入代行します」というところもたくさんありますよね。それはそのサイトがその商品を「販売」しているのではなくて、その商品を「海外のお店から買うのをお手伝いします」という意味になります。

 

すべては自分の責任

個人輸入で気をつけるべき点は、商品を買って使うことにすべて自分で責任を持つということです。
お店で売っているものを自分で買って来るのと同じことですから、普通のことですね。

 

製品自体が不良品なら直接お店に抗議を入れるのと同じように、何かあったら自分で海外のお店にクレームをつけるしかありません。これは個人輸入代行を利用しても同じことで、輸送手続きなどの問題でない限り、代行業者に責任を問うことは出来ません。


ホーム RSS購読 サイトマップ